読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K&K Blog

Kenji(31) & Kanako(27) の夫婦Blog。2015.11月長男誕生。パパママ2年目奮闘中

システム開発って何をやるの?システム開発ってこんな感じ

IT

こんにちは

ケンジです。

 

SEって何?に対する回答 - K&K Blogの続きです。

今回はシステム開発ってどんなことやるの?に答えます。

f:id:k17k24:20150919001704j:plain

システム開発は専用車を作るのと同じ

システム開発は、あなた専用に一からカスタマイズした車を作るのと同じです。

例えばなら、

  1. 調査要件定義:お客様の要望を聞く。車はいろんなパーツからなるので、各メーカーと要望を共有、必要な部品をなければ作ってもらうため、打ち合わせ。
  2. 見積もり:各メーカーからパーツの見積もりをもらい、それの合計をお客様に提示する。
  3. 設計:車を設計し、お客様に見せて同意をもらう。
  4. 組み立て:組み立て。お客様に進捗状況は逐次報告する。
  5. 検証:走行テスト、耐久テストなど様々なテストを実施して品質を確かめる。
  6. 走行検証:お客様に出来上がった車のデザインや、走行テストをしてもらう。
  7. 納品:お客様に納品する。

おおざっぱにこんな流れになるかと。

実際に自動車メーカーに勤めているわけではないので、ところどころ違うと思います。

 

ではシステム開発でどうなるかというと、

  1. 調査および要件定義:お客様の要望を聞き、それに必要なIT技術は調査しておく。
  2. 見積もり:設計、開発、テストにかかる見積もりを提示する。
  3. 基本設計:要件定義より、画面仕様、機能設計、データベース設計など多種の設計書を作成する。
  4. 詳細設計:基本設計より、プログラミングに近い内容で設計を行う。詳細機能設計書、シーケンス図、クラス図など。
  5. 製造:詳細設計書を元に複数人で分担してプログラムする。
  6. 単体テスト:各自でプログラムしたソースをテストするプログラムを作成し試験する。
  7. 結合テスト:各自で作成したプログラムを結合してテストする。
  8. 運用テスト:実際に動かしてみてテストする。画面があれば操作したりなど。
  9. 性能テスト:画面描画速度や、コマンド応答速度などを測定する。
  10. 客先テスト:お客様のところに環境を作り、テストをして問題ないか確認を行う。
  11. 納品:システムを納品する。

大体システム開発はこれがベースです。

この工程を全てをちゃんとやろうとすると、大変高い料金がかかります。

これはあなた専用に一からカスタマイズして作成した車を買うのに等しい料金がかかるためです。

もしも、既成製品でよいなら、そちらの方が安くて、早く使えるので、そちらをオススメします。(車で言うなら大衆車を買うのに等しいです。)